グロい、エグイ!無残で残酷なリアル本気のホラー本、画集作品3選

f:id:sweetdevil39:20190724081719j:plain

今回は、夏にもおすすめなホラー作品、特に、私おすすめの作家の作品を紹介したいと思う

 

趣味がすんごく偏ってるし、好きな人は好きだろうけど、嫌いな人、苦手な人はとことんダメであろう作品もある

 

でも、そういうのってマニアックでいいよな

 

万人に好かれようなんて思わない。好きな人が、好きだって言ってくれる、それでいいじゃない

 

さて、ここから先は多少エグい作品含むので、そういうのが苦手な人、嫌いな人はUターンしよう

 

ではいってみよう

 

 

私おすすめの作家と作品、3選

 

丸尾末広

有名な作品は少女椿だろうか?実際私も少女椿から入ったのだが、どんどん丸尾末広作品にのめりこんでいくうちに、特に無残絵が好きになった

 

って、言うと、引かれるから誰にも言ったことはない

 

何故かと言うと、兎に角作品がグロテスクで、禍々しくて、エグくて、惨くて無残で残忍だからだ

 

多分苦手な人、嫌いな人はとことんダメであろう作品

 

私が無残絵と出合った時、めちゃめちゃ衝撃を受けた作品だった

けど、気付いたらたまらなく惹かれる作品になっていた

なんだろう、言い表せないけどすごく惹きつけられるんだよな

一つ一つがリアルで繊細で、美しいというか…

 

無残絵自体は丸尾末広の作品ではなく、元々は月岡芳年と言う、浮世絵作家の作品

 

月岡芳年

丸尾末広の無残絵を知ってから、月岡芳年を知った。まあ、作家と言うよりは、私は無残絵が好きなんだな

月岡芳年、そして丸尾末広の無残絵は戦国時代の英雄の死に様や、事件などの殺人現場なんかの絵を描いている

月岡芳年が英名二十八衆句、丸尾末広がそれをオマージュした新英名二十八衆句を描いている

マジで一度見てほしい作品、好みはめちゃめちゃ分かれるだろうが、私はかなりおすすめする

 

おすすめ①丸尾末広月岡芳年の無残絵

 絶版してるのかな?普通にはもう売ってないんだけど、めちゃめちゃいい作品。ファンなら喉から手が出るほど欲しい作品。ここならまだあり↓

私一番のおすすめ!ファンなら確実にゲットすべき作品。私のようにコアな層に絶大な人気ですぐ売り切れちゃうから、入荷されてたらマジで早めに買ったほうがいい

因みにこの下の表紙は、妊婦さんを逆さに宙吊りにさせて、ばあさんが包丁研いでるんだよ

丸尾末広画集作品の、おすすめはこちら。丸尾末広という作家が、どんな作品を描くのかがわかる画集だと思う。丸尾末広作品がどういうものか知りたい人におすすめである。冒頭にも言った通り、無残絵だけじゃなく、魅力的な作品がたくさんあるのだ

また月岡芳年作品なら、私は妖怪百物語も好き

月岡芳年の作品自体は、師匠の歌川国芳の影響を受けいる

 

歌川国芳

美大生や美大予備校生じゃなくても、結構有名な作家だとおもうから知ってる人多いとは思うが、妖怪とかそういうおどろおどろしいものを描くのも得意
と、思わせといて、猫とか金魚とかをユーモラスに描くのも得意

 

おすすめなのが下の本。一度はこの絵、見たことある人がいるんじゃないだろうか?

 

おすすめ②歌川国芳の妖怪と生き物の作品たち

擬人化が上手くて、思わずくすっとしちゃう作品だったり、ほーっ、となるような動物の作品を描いているので引き込まれる

生き物と妖怪の絵は歌川国芳の十八番。それが一冊で味わえちゃうのが歌川国芳のいきものとばけもの。特におすすめ↓

ここまできて、紹介しておきたいのが…

 

 

北斎

北斎は浮世絵師として、あまりにも有名すぎるので、私なんかが紹介しなくても知っている人がほぼだと思うのだが、その中でも、が特におすすめしたい作品が…

 

おすすめ③北斎の百物語

この本は、北斎の百物語をほぼ収録しているので、北斎の百物語作品、妖怪、お化け、幽霊などの芸術作品が好き、惹かれる、という方にとっては見てほしい逸品

 

 

先ほどから怖くて、グロくて、エグくて、血みどろ作品ばかりをしょうかいしているので、ただの妖怪や怖いもの好きやんけ!って思われるかもしれないが…

 

私実は、幽霊とかお化けとか妖怪とか大嫌いなんだな

 

お化け屋敷とか入りたいと思わない

 

勿論グロい映画、特にホラー映画とかほんと苦手

 

リアルな血を見るのもなんか血の気が引くし、注射とか、もう大人にもなって毎っ回心臓バックバク

 

ただ、芸術作品としての、血みどろ、妖怪なんかは、何故か好きなんだ

 

この感覚わかる人、いてくれたらいいなぁ…